« 大和料理 『物集女(もずめ)』 | トップページ | 飛鳥~史跡巡り »

斑鳩◇法隆寺~昼食 『茶房松鼓堂』

奈良観光最後の日です。
ホテルの和洋揃ったブッフェで朝食。
奈良グルメの茶粥・柿の葉寿司・奈良漬け…などもありました。

  1回目は、柿の葉すし・茶粥など和食を少しずつ。
  Tyousyoku1
  2回目は、洋食で。
  Tyousyoku2
  ホテルにあった看板。まんとくん・せんとくん・なーむくん
  Naraparkhotel

朝8時30分、ホテルチェックアウト。
車で「平城宮跡」へ向かう。

  朱雀門
  Suzakumon
「平城宮」…平城京の北側、天皇住居や役所などがあったところ
  Heijyokyugu1
  Heijyokyugu2
  Heijyokyugu4
造酒司の井戸
Heijyokyugu6 Heijyokyugu5

いよいよ私の本命地、斑鳩・法隆寺へ。
10時、町立法隆寺観光自動車駐車場(1日600円)に到着。
駐車場近くのお店で、ソフトクリームを食べる。

        さくらソフトクリーム
       Sakurasoft

  『法隆寺』 拝観券1000円
  Houryuji1

小学生の団体でいっぱい。もっと静かな雰囲気で回りたかった。
Houryuji2 Houryuji3

  金堂と五重塔
  Houryuji5
  団体が立ち去った隙をみて撮影。

↓鏡池。ここに「柿くえば鐘が鳴るなり法隆寺」の句碑がある。
Houryuji6 Houryuji4

  聖霊院 聖徳太子の尊像が安置されています。
  Houryuji7

  夢殿
  Houryuji8
  ちょうど秘仏「救世観音」の開扉期間でした。

  家でじっくり読もうと、法隆寺の本を買う。
  Houryuji11

大宝蔵院で、有名な「夢違観音」「玉虫厨子」など貴重な宝物を見る。
もっとゆっくりしていたかったが、次の目的地が控えているので移動。

法隆寺前のお店で見つけた、柿ソフトクリーム 250円
        Kakisoft

法隆寺から歩いて藤ノ木古墳へ
Fujinokikofun1 Fujinokikofun2

昼食は、法隆寺近くでお蕎麦を食べることに。

  「茶房松鼓堂
  Sabou1

  吉野の山菜蕎麦(冷)…ダンナ分
  古代米・自家製小鉢・漬物・ほうじ茶のセット 1260円
  Sabousansaisoba

  月見とろろ蕎麦(冷) 940円…私のオーダー
  Saboutukimitororo

結局、時間に余裕がなくなり…法起寺や法輪寺はパス。weep
やっぱり予定通りにいかないなぁ。せめてもう1日あれば…。

次の目的地、飛鳥に向かいました。

続く。。。

 cute cute cute cute cute cute cute cute cute cute cute cute cute

 「平宗」柿の葉寿し(鮭・鯖各6個) 【送料無料】
  

  奈良ロイヤルホテル

|

« 大和料理 『物集女(もずめ)』 | トップページ | 飛鳥~史跡巡り »

コメント

おはよ~。
さくらアイス、柿アイス!
柿アイスなんて、初めて見ました。柿の味がするのよね。(当たり前かなぁ。)
そうそう、五重塔、やっぱり、高校の時に修学旅行に写真があるよ。たしか。
こうやって見ると、お寺がいっぱいあるね~。
次は。。飛騨。高山かな????わくわく。(^^)

投稿: ぱんだ | 2009年5月29日 (金) 08時58分

cherryblossomぱんださんへcherryblossom

私も柿のアイスって初めてでした。
かすかに柿の味がしたけど、けっこう甘かったです。
法隆寺…広くてかなり歩き疲れました。
中学生・高校生の団体と違い、小学生の団体は賑やかで強烈でした。笑
寺や塔ばかりで、写真をシャッフルしたらわからなくなりそうです。汗
飛騨高山へは行ってないよぉ~。

投稿: mayumayu*39 | 2009年5月30日 (土) 16時57分

う~ん、このままでガイドブックになりますね~(=^▽^=)
観光しつつ、食も充実!素晴らしいですね♪

投稿: ケセラ | 2009年6月 5日 (金) 23時25分

cherryblossomケセラさんへcherryblossom

かなり昔ですが…とは言っても大人になってから読みましたが、山岸凉子『日出処の天子』の影響で、ず~っと斑鳩&飛鳥には行ってみたかったんです。
初法隆寺に感動して帰ってきました。。。
この日の蕎麦は、行き当たりばったりで入ったお店です。

投稿: mayumayu*39 | 2009年6月 9日 (火) 14時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大和料理 『物集女(もずめ)』 | トップページ | 飛鳥~史跡巡り »